IDENTITY FACTORY

少しだけやる気のある非日常を求めるあなたへ

1日限りのモデル体験【スナップ撮影をしてみたいあなたへ】

f:id:n723n:20181123182446p:image

 

っていう題名つけるじゃん。めちゃくちゃ調子乗っとるように見えるよな、これ。(笑)ただの一般人が何よん、って感じですが・・・。

 

私もモデルなりたい時期あったんです

 

 

芸能人に憧れていました

 

アイドルを観て育った私

f:id:n723n:20181123212807j:image

小さいころから、モー娘。、AKB、ももクロ、近くにアイドルがいる生活をしてきた私。それはそれは憧れました。可愛くて明るくてキャーキャー言われてかっこよくてかわいい衣装が着れて、輝く存在です。正直めちゃくちゃなりたかったです。

 

たぶん一番の理由はみんなの前に出て

歓声をあびたい

 

小学生の頃は、とりあえず人気者になりたくて当時聞いてたラジオ「スクールオブロック」のイベント、閃光ライオットに出場してバンド始める!とかいうわけわからない妄想ばかりしてました。バンドなんかしたことなかったのに。(笑)

 

欠けている部分

本当に芸能人に憧れたのはたぶん小6ぐらいでした。ただ欠けている部分がありました。

 

言う勇気がないです(笑)親には言えない、当たり前か、恥ずかしすぎた、その時は。今は割とやりたいこと言えるけど、反抗期の自分が「アイドルなりたい!」とか。

 

話す技術がない。人見知りな自分。テレビに出てしゃべれなかったら終わり。っておい、ってかんじ。テレビ出たときの心配する当たり子供だな~って。なれるって決まってないのに(笑)

 

じゃあモデルは?

 

モデルだったら話さなくてもいいじゃん!いける!と思って調べたら、当時好きだった中学生向けファッション雑誌「ラブベリー」のモデル応募条件、身長160㎝以上の方

 

f:id:n723n:20181123213226j:image

 

何も言えねぇ。

 

現在も割と

就活も終わり、来年からの上京も確定し、新しい未来が見えた今。そういう仕事の憧れは減ってきました。っていうか憧れないように抑えながら何年も過ごしていました。

 

が、高専4年生になったとき、一回この気持ちが再爆発しそうな日がありました。担任が私に

「STU48応募しろや~」って。

瀬戸内のAKBグループの募集がかかったのです。めちゃくちゃ事件でした。(笑)

 

今まで人にアイドルになりたいなんか公表したことなかったのに、人から勧められたとき、本当に爆発しかけました。就活前だったのもあり。まあめちゃくちゃ悩まされて辞めたけど。

 

だから恥ずかしい話、STU48っていう言葉を見ると今でも悔しくて避けて生活しています、子供だなぁ。

 

そんなわたしの、高2のときのある1日の出来事です。 

 

一日だけモデルになりました

 

雑誌に載りたい!

高2のある夏休み、本屋で立ち読み中、ふと思い立ちました。

まって、

やっぱモデルになりたい

雑誌に載りたい!

この思いが爆発して、モデルに申し込もうと決めました。思った瞬間、自分が載れそうな雑誌を選びました。そこで見つけたのがHRです。高校生しか載ることのできない原宿系の雑誌で、専属モデルとかより一般人が中心的に載っている雑誌。

 

これだ!!!

 

帰って雑誌を読むと

スナップ撮影者募集!

の文字。

 

街にいる人をモデルにして写真を撮るアレです。これならいけるかもと思いネットで調べたらなんと明後日大阪で撮影会が行われるとのこと。行くしかない。

 

なぜか明後日何も予定なかった自分。このころ一人旅とかまだ趣味じゃなかったので、大阪について調べまくって、バス予約して、、、

 

明後日、大阪へ行こう

びっくりなのが、当時決めた一番おしゃれだと思った服装がコレ。

f:id:n723n:20181123200324j:image

 

TシャツにGUのズボン。まあこれで自信あったんですよ。許して、まだセブンティーン。

 

このコーディネートを事務所にメールで送り、選考が通ったので、明日大阪行が確定しました。

 

人生初のアメリカ村へ

f:id:n723n:20181123200330j:image

 

アメリカ村がどんなところか知らない自分。行って思ったこと

やばい、これ一人できちゃだめなとこっ!

 

黒人のお兄さん多めのめちゃくちゃ柄悪い通りだ。

(そのころの私から見たアメ村)

 

スナップ撮影

 

当日の流れ

撮影場所は三角公園でした。そのころはそれが何かも知らず迷いながら到着。このときは自分のことしか考えてなくて、どんな人が来るとか考えてなくて、行ってみて死んだ。

 

え、チャラい人いっぱい。

 

そのなかで一番雰囲気を醸し出していた男の子がいて、その人の雰囲気がプロ感強すぎて圧倒されました。

 

なんでってあのゆうたろうくんだったかららしいです。私はモデルに疎いので誰か知らなかったですが有名っぽいです。

 

 

私の番になって、もうド緊張。

 

目をつぶって想像してください。

 

田舎から初めて都会に一人でやってきた17歳が、

アメリカ村というああいう雰囲気の道のど真ん中にいきなり立たされ、

ロン毛のチャラそうなお兄さんに

でかいカメラ向けられ写真撮られるんです。

 

笑えんわ!!!!(笑)

 

何回も笑ってって言われたけど、苦笑い、結局頑張って笑顔はできたけど棒立ち。現実を見せつけられた瞬間でした。

 

そのときの日記です。

 

f:id:n723n:20181123210357j:image

 

f:id:n723n:20181123210340j:image

 

このとき「ほかのコーデも見せて」って舞い上がったけど、今考えたらもっといいコーデない?って意味だったんだろうなぁ(笑)

 

2ヶ月後

f:id:n723n:20181123200314j:image

 HR発売日。

載ってるか載ってないかで緊張しながら購入。

あ、そうこの人。やっぱ慣れてるわ~。

f:id:n723n:20181123200258j:image

 そして自分を探す。。


f:id:n723n:20181123200319j:image

 

探す。。。


f:id:n723n:20181123200303j:image

 

探、


f:id:n723n:20181123200308j:image

 

いた~~~!!!!!!!

感動(笑)めちゃくちゃひきつった笑顔だ(笑)吹き出しには

有名になる!

って書いてあります。わら

 

参加方法

 

  1.  HRで日時を確認
  2. コーデの写真付きのメールを送る
  3. 行く
  4. 撮ってもらう

 

これだけです。

 

あ、この雑誌の場合、高校生限定です。初めての人はまじ勇気だけあれば行けます。初めてだったので緊張しまくりでポーズも何もとれなかったけど、雰囲気わかったからリベンジしたいと思いつつ、怖くて結局高校卒業しました。

 

 

っていう出来心が爆発したときもありました。若いっ!誇りある思い出です(笑)

今でははたちでセーラー服着てめちゃくちゃキメた表情で撮られれるぐらい成長しました。


f:id:n723n:20181123200556j:image

 

思い立ったらすぐ行動って良い・・・!